みらい平ツアーズ

低予算で楽しむ登山・サイクリング・鉄道の旅を主体にレポートします。 カテゴリーにある県の区分けはスタート地点での場所で判断しています。 実際にかかったコースタイムを記してますが、見ての通りぜ~んぜん「健脚」ではありません。


※2018年の蔵出しエピソードです
桜の花見シーズン突入だ。桜をどこに見に行こうか色々考えたが、せっかくなら春の京都を廻ってみたい。今回は嵐山・嵯峨野の桜の名所を巡ってみよう~ということで梅田駅より阪急京都線を乗り継ぎ
P4012188
阪急嵐山駅に降り立った。
P4012190
青空で天気がいいね。
P4012191
駅に置いてあったフリーペーパーの嵐山のエリアマップだ。大覚寺にまずは行ってみよう。
P4012195
と、阪急嵐山駅のバス停の時刻表に目をやると・・・
P4012200
現在時刻は9:58・・・10:12のバスがあるね。
P4012198
と、定刻通りに94系統大覚寺経由清滝行きのバスがやってきた。
P4012206
意外にそんなに乗らないね。
P4012207
20分程バスに揺られて大覚寺のバス停に到着。
P4012209
さーて・・・
P4012211
大覚寺を参拝しましょうか。
P4012212
門をくぐる
P4012218
大覚寺だ。
P4012219
これが大覚寺なのか。
P4012220
拝観券は¥600なのね。
P4012222
では拝観券を払って
P4012227
入場しますよ。
P4012268
まずは宸殿。江戸期に後水尾天皇より下賜された寝殿造りの建物だという。
P4012270
勅使門・・・かっこいい門だな。
P4012271
村雨の廊下を進む。
P4012279
天井は刀や槍を振り上げられないように低く造られ、床は鴬張りとなっているそうだ。
P4012280
五大堂に入る。HPによると江戸時代中期(天明年間)創建で現在の大覚寺の本堂となっている。不動明王を中心とする五大明王を安置している。
P4012286
この五大堂からのびる観月台からの大沢池の眺めが素晴らしいね。
P4012287
ふりかえって観月台から見る五大堂。
P4012290
桜がまさに見ごろだね
P4012293
このお堂は
P4012294
心経殿というのか。大正14年、法隆寺の夢殿を模して再建したという。
P4012295
なかなか見ごたえあったねー
P4012297
では次に大沢池に行ってみましょうか
P4012223
桜が満開だよ。
P4012224
んんん?
P4012225
おおっ 大沢池に入るのも拝観券がいるのね。ここは大覚寺の拝観券で入場できた。
P4012226
庭園になってるんだね。
P4012228
桜のトンネルって感じだ。
P4012230
おお~大沢池だ。
P4012231
ため池なのか。
P4012232
へぇー平安時代に造園のために造られた人工の池なんだ。
P4012233
いいねー
P4012238
池から大覚寺の五大堂を見るとこんな感じ。
P4012239
門をくぐる
P4012240
いいねー。
P4012243
鳥居がある。ここは五社明神っていうところみたい。
P4012245
大沢池を歩いて行くと・・・むむっ
P4012247
宝塔だ。昭和42年の最近のものだ。
P4012249
平安期の貴族たちがこの池のほとりで宴をしてたんだろな。
P4012250
大沢池をとおして大覚寺を眺める。
P4012251
いやー、これは桜の時期に見る価値があるね。
P4012261
勅使門と桜・・・いいねー。
P4012262
ドンピシャのタイミングだったよ。
P4012267
こうして大覚寺の見学を終え
P4012298
西へと向かう
P4012300
こんな川のほとりを歩いて進んでいくと
P4012302
府道50号に出た。土産物屋さんが並んでるな。
P4012306
大覚寺から歩いて25分ほどかかって
P4012308
化野念仏寺に着いた
P4012346
古いねー江戸期以前からあるのかな。
P4012309
おおっ 受付か
P4012310
ここで拝観券¥500払い
IMG_1317
入場した。ここは中学校の修学旅行で行ったなぁ。
P4012314
このうら寂しい感じ・・・
P4012316
古い石仏がいい味を出している
P4012319
仏舎利塔・・・
P4012320
これは中学校の修学旅行で見た憶えがないんだよなぁ・・・。
P4012321
順路通りに進むと
P4012326
おお~。
P4012327
すげえなー。
P4012329
ここは京都のお寺の中でも異彩を放ってるよなー。
P4012337
ここは他のお寺とは違う空気感があるが
P4012335
桜はきれいだ。
IMG_1309
はいはい・・・中に入って撮影しようとは思いませんよ。
P4012333
ここはやっぱり来て感じる価値があるね。
P4012342
この無縁仏たちにも
IMG_1315
春が訪れたんだね。
IMG_1313
こうして化野念仏寺の参拝を終え
P4012343
石段を下り
P4012347
二尊院へと向かった。
P4012348

※2018年4月1日 そうだ京都へ行こう#4 春の嵐山・嵯峨野(二尊院~天龍寺~阪急嵐山駅)へと続く


にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村


初心者サイクリスト ブログランキングへ


日頃 閲覧ありがとうございます。

みらい平ツアーズです。

このたび、大阪から4月より転勤で東京に異動することになりました。

2016年10月の大阪への異動後、関西を中心としたさまざまなお出かけをレポしてきましたが、またもとの関東のみらい平に戻ることになりました。
とはいえ、関西でのエピソードがまだこれから公開するものがかなりの数残っているのでしばらくは関西のレポを続けますが、引っ越しの準備のためレポ更新はしばらく休止させていただきます。

よろしくお願いします。




阪急宝塚線の箕面駅から箕面滝を経由して歩いて東海自然歩道の西の起点にまでやってきた。
PC022980
では・・・まだ足を踏み入れたことが無かった東海自然歩道に西から入りましょうか。東海自然歩道、まさか西から足を踏み入れるとは思ってなかったよ。9:52 東海自然歩道西の起点を出発。
PC022987
左の東海自然歩道へ・・・とぉ、立入禁止?台風被害で倒木があって危険だからだそうだが・・・
PC022988
ここまで来て引き返すのもなぁ…と思い、なにかあったら自己責任!と考え、中へと進むことにした。
PC022990
おおっ 橋だ。
PC022992
普通に渡れるよ。府道4を渡る。
PC022993
よく整備された歩きやすい登山道を行く。
PC022998
おおっとぉぉ・・・
PC023004
倒木が登山道を塞いでるなーと思いきや、迂回の踏み跡がはっきりあるじゃないか。
PC023005
これはあの台風以前からの倒木だったのかな。おわっ また倒木だぁ。
PC023014
まぁこれくらいなんてことないですよ。
PC023020
また倒木だぁ。
PC023024
まぁくぐれば問題ないっしょ。
PC023026
うわー根こそぎいってら。
PC023030
これくらいまたいでいけるゼ。
PC023032
倒木が数か所ある以外はさすが東海自然歩道、バッチシ整備してあるよ。PC023039
んん?なんかあるぞ。
PC023040
方位盤と看板・・・なんだ?
PC023041
ええ~なになに?
PC023047
あぁ、チャートの岩石の説明書きかぁ。
PC023043
稜線を進んでいくと
PC023046
10:47 おや?
PC023049
あぁここが最勝ヶ峰・・・通称「箕面山」の頂上なのか。
PC023054
廻りこんでいくと・・・おおっ これが開成皇子の墓なのか。
PC023061
開成皇子・・・桓武天皇の庶兄で勝尾寺の開祖らしい。
IMGP4967
おおぅ・・・宮内庁管理なんだ。
PC023058
開成皇子の墓所からすぐのところに稜線から降りる分岐があり
PC023065
見るとそのままダイレクトに勝尾寺に入れそうだ。
PC023066
右に折れて稜線を降りて勝尾寺に向かいましょう。
PC023067
ずんずんと降りていくと・・・おおぅ?
PC023071
柵と扉だ。イノシシとかの侵入を防ぐために設置してるのか。
PC023073
では錠を開けて
PC023074
勝尾寺の境内に入った。紅葉が鮮やかだ。
PC023087
この勝尾寺ってけっこう大規模な感じで・・・。
PC023090
最上部にあるのが法然上人第五番霊場 二階堂 だ。
PC023092
鮮やかだなー。
PC023094
紅葉のあいまから・・・おおっ 多宝塔かぁ。
PC023093
にぎわってきた。
PC023098
こちらが本堂なんだね。
IMGP4973
梵鐘・・・んん?
IMGP4970
ダルマがたくさん並んでるなー。
IMGP4971
本堂で参拝して・・・
PC023099
その奥にある大師堂で手を合わせ
PC023102
水かけ観音様に
PC023116
お水をかけさせていただきました。
PC023118
なかなか盛りだくさんなお寺だね。
PC023119
おわっ ダルマをいっぱい売ってるなぁ。
PC023122
ここはなんだかすごいな。
IMGP4974
紅葉に囲まれた多宝塔・・・いいねー。
PC023131
多宝塔とダルマ。
IMGP4978

見事な庭園だなぁ。でも近代的だな。
PC023142
山門だ。噴水か・・・極楽浄土のイメージ?
PC023145
では勝尾寺を出ることにしましょうか。
PC023148
山門から庭園を振り返ってみる。ここはまさに「お寺の一大テーマパーク」って感じだな。
PC023149
勝尾寺を出ると
PC023162
おおっ 立派な標柱だねー。
PC023166
11:46 では横断歩道を渡って・・・
PC023167
石段をのぼると
PC023171
んん?高野山の町石道でも見た町石?一町石か。
PC023172
この路は勝尾寺の旧参道なんだ。
PC023173
いにしえの時代はみなこの山道を歩いて勝尾寺を目指したんだね。
PC023174
町石だねー
PC023187
山道を行くと展望のきくところに出た。このあたりがピークなのかな。
PC023191
参道を歩いて行く
PC023199
おや?開けてきたぞ。
PC023206
だいぶ降りてきた。
PC023210
結構近くに団地が見える。
PC023211
下界に降りてきた。
PC023216
溜池?を通過すると
PC023219
また扉だ
PC023221
イノシシねー。
PC023222
では開けますよ
PC023223
のどかな田園だ。このあたりにはけっこう田畑が残ってるんだね。
PC023226
12:49 大きな通りが見えてきた。
PC023232
府道9だ。
PC023234
バス停があった。外院バス停だ。
PC023235
千里中央行き・・・今は12:53だから・・・13:06か。
PC023237
定刻よりちょっと早くバスがやってきて

PC023238
千里中央駅に到着した。箕面滝もよかったが紅葉が見事だったし、コースも変化に富んで面白かった。次はどこを歩こうかな。
PC023242

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
 

登山 ブログランキングへ


今回は箕面滝を見に行ってみようと考えた。阪急宝塚線から箕面線に乗り換えて箕面駅を目指す。
PC022856
8:21 阪急箕面駅に降り立った。
PC022862
駅を出ると・・・おおおっ
PC022864
そうか、東京の高尾から始まる東海自然歩道はここ、箕面で終点になるのか。箕面駅から出てまっすぐの道を進む。
PC022865
朝早いから商店はまだ閉まってるね。んん?
PC022866
箕面滝まで2.4km!微妙に歩くね。
PC022867
箕面川沿いを歩いて行く。
PC022870
まだ9時になってないけどけっこう歩いてる。
PC022879
紅葉している。
PC022877
8:35 なにやら看板が・・・野村泊月句碑・・・だれ?
PC022881
8:35 昆虫館を通過。
PC022882
8:38 左手にお寺が見えてきた。
PC022887
ここが瀧安寺なのかな。
PC022888
きれいに色づいてるね。
PC022891
川沿いの遊歩道を進む。
PC022895
8:50 天狗鼻を通過。
PC022896
この辺りの紅葉も見事だ。朝陽に照らされてきれい。
PC022898
んん?
PC022900
なんか荒れてるな。
PC022901
土砂崩れがあったのか?
PC022902
そうか、9月の台風21号の被害なんだな。この箕面公園の遊歩道もつい最近まで通行止めだったって表示してたな。
PC022904
けっこうな被害だったんだなぁ・・・んん?
PC022906
8:56 唐人戻岩!へぇ~そんな言い伝えがあるんだ。
PC022907
まぁ立ち帰るって程でもないような‥‥。
PC022908
朝陽が紅葉を照らす中、遊歩道を進んでいく。
PC022909
釣鐘淵?
PC022912
これが?うーんよくわからん。
PC022913
体も暖まってきた。
PC022914
ところどころでこんな茶屋がある。箕面滝を往復するだけなら手ぶらでいいだろね。
PC022918
おおっ。
PC022920
これは・・・。
PC022921
9:04 箕面滝に到着した。箕面駅から歩いて50分だった。
IMGP4960
観瀑台があったので上に上がってみた。
PC022931
おお~。
PC022928
紅葉がジャストタイミングだね。欲を言えば朝陽が差して紅葉を照らしてほしかったね・・・。
IMGP4953
けっこう外国・・・中国からの観光客が多くいた。さて、箕面滝を見ることができたのでこれで終わりにしてもいいがこれで終わりにしたらさすがにちょい物足りない・・・。
PC022938
と、この階段の先には
PC022939
この先に勝尾寺があるのか。
PC022940
石段を上っていくと
PC022941
あぁー見事だねー。
PC022947
府道43に出た。
PC022950
ふと眼下に目をやると
PC022953
さっきまでいた箕面滝だ。
PC022952
では府道43を勝尾寺方面に進みましょうか。
PC022958
おお~駐車場かぁ。車で箕面滝に行くにはこの駐車場に停めるのが便利なのかな。観光バスも停まってるよ。
PC022959
府道を歩いて行くと・・・おわっ
PC022960
こりゃまた荒れてるなー
PC022961
ここも台風21号の爪痕なんだな。
PC022964
府道43を進んでいく。
PC022963
陽が紅葉を照らしてきれい。
PC022969
9:47 箕面ビジターセンターに到着。
PC022976
ここを奥に入っていくと
PC022979
東海自然歩道の標識だ。ここからが自然歩道になってるんだね。まさか高尾の東海自然歩道の終点に先に来ることになるとは思わなかったなー。
PC022980
では、東海自然歩道の西の起点から足を踏み入れるぞ。
PC022981

※「2018年12月2日 箕面山②(東海自然歩道起点~勝尾寺~外院BS)」へと続く

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
 

登山 ブログランキングへ


紅葉シーズン突入だ。今回は京都の醍醐付近を歩こうと考えた。醍醐寺の参拝を終え、府道36に出て北へと向かう。
PB182258
府道からちょっと入ったところにあるのが
PB182277
おお~う・・・
PB182260
醍醐天皇稜!by 宮内庁。
PB182262
では入っていきましょうか。公園って感じだねー。
PB182274
拝所だ。
PB182265
古墳の拝所と同じようなつくりだ。
PB182266
醍醐天皇稜・・・
PB182267
ここに醍醐天皇が眠ってるんだね。
PB182271
住宅街の中にふつーに陵墓があるんだね。関東では見られない光景だなぁ。
PB182278
醍醐天皇稜から西へと歩いて行くと
PB182280
隋心院だ。
PB182281
右なのね。
PB182282
ここから入るのか。
PB182285
おじゃましますよ。
PB182286
これが隋心院なのか。
PB182287
紅葉の見ごろにはまだちょい早かったかな。
PB182289
大きな石碑だな。
IMGP4928
なになに・・小野小町?
PB182291
へぇー小野小町がこの辺りで住んでたんだ。しかし、茨城県の筑波山山麓に小野小町の墓所とするところがあったけど??
IMGP4948
ではでは中に入ってみましょー!
PB182292
おお~重厚なたたずまいだなー。
PB182333
拝観料¥500を払って
PB182294
レッツゴー☆
PB182295
おわっ 廊下の天井に籠がぶら下がってる。
PB182300
すごいなー かっこいい廊下だなー襖絵がいい感じ。
IMGP4932
これは応接間かな。
PB182303
薬医門を正面に。
PB182305
畳の廊下と客間かな。
IMGP4934
寝殿造りの様式で建てられてるんだ。
IMGP4938
表書院と本堂を眺める。
IMGP4933
本堂越しに庭園を望む。
IMGP4943
きれいな中庭だねー。
IMGP4939
本堂の中を撮影した。・・・撮影禁止って書いてなかったよね?平安時代や鎌倉期の重要文化財の仏像が安置されてる。
PB182312
いやー見ごたえがあったなぁ。
PB182331
こうして隋心院の見学を終えた。
PB182341
隋心院でも滞在時間は25分くらいだった。
PB182346
こうして醍醐周辺の古刹をめぐって
PB182350
小野駅に着いた。
PB182353
ああっ この「小野」って地名は「小野小町」の小野氏に由来してたのか!
PB182354

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村


初心者サイクリスト ブログランキングへ


↑このページのトップヘ